まじめにガンプラ!コツコツ制作日記

ファーストガンダムを中心に、かっこいいガンプラ、80年代リアルロボット、魅力あるオジサンと美女フィギュアも作ります!毎週日曜日の夕方に更新!お楽しみに!

横山宏ワールド

35ガチャーネン完成!

投稿日:

ガチャーネン

2024年5月12日(日)νガンダムの塗装中ですが同時に進めていたガチャーネンが完成したので本日はそちらをご紹介致します! 私にしては長めの報告になっていますので気軽にご覧ください!ではどうぞ!ガチャーネンガチャーネンガチャーネンガチャーネンガチャーネンどうですか?ガンダム系とは違う魅力あるメカですね。横山宏先生のマシーネンクリーガーが海洋堂からカプセルトイとして出たのが35ガチャーネンです。35は1/35だからです。実物サイズは6cmぐらいしかないのに非常に精密に出来ています。背中にあるラジエーター?のスリットまで完全に再現されています。海洋堂も恐ろしい会社ですね。ねぇ宮脇センム!

この完成状態までのプロセスをご覧ください。

ガチャーネン

キット元状態

ガチャーネン

キット元状態(フェイスアップ)

ガチャーネン▲脚の内側の肉抜き穴を埋めてからシルバーで塗装。その他のパーツはνガンダムと同時にサフ吹きをしました。ガチャーネン

各パーツを接着して固定してあります。腕は肩部分から回転だけは出来るようになっています。ガチャーネンガチャーネンガチャーネン
▲このままでも面白いかもしれません。しかしここからが面白くなってくる所ですよ!ガチャーネンガチャーネンガチャーネンマシーネンは色を重ねれば重ねる程、味わい深くなっていくと思います。均一なサラッと仕上げではなく色の情報を追加する事でより魅力が引き出されます。なのでエナメル塗料をベタベタ塗ってみました。ガチャーネン

更に情報を追加する為、プラパテを装甲部分にこすりつけました。

ガチャーネン

パテを盛りつけた状態!

ガチャーネンガチャーネン

下地の最終状態です。ご覧になっている方もここでお腹いっぱいになりそうですね。ここからが本塗装ですよ。どんどん行きますよ!ガチャーネンガチャーネンガチャーネン▲白は水性ホビーカラーの明灰白色(1)三菱系 日本海軍機色です!下地のレインボーとプラパテがいい仕事をしている気がします。ガチャーネン白が終わったら緑色です。保管してある塗料を混ぜ合わせています。ガチャーネン更につや消しブラックを追加!装甲部分もそうですが、肩部のラバーっぽい所もこのつや消しブラックを塗っています。いい感じになってますよ!ガチャーネンパイプ類は赤系にしたかったのでレッドとブラウンを混色しました。ガチャーネンフィギュアの塗装は上記の通りフレッシュとブラウンの混色です。ガチャーネンポイントでフラットアルミを塗布しています。ギラついたシルバーは似合わないのでフラットにしています。あと写真とり忘れましたが、手などには焼鉄色をぬっています。
ガチャーネン
▲ヘルメット?フード?はクリアパーツで出来ています。顔がよく見えるのでこのままでもいいような気がしますが、全体的にみるとアンバランスなので色を付けています。ガチャーネンクリアブラウンを内側から塗っています。ガチャーネンここまで出来れば最終コーナーです。皆様ついて来ていますか? レインボーあたりで脱落している方が多いかもしれませんね。ガチャーネン

デカールが付属していたのですが今回は使用していません。手持ちのデカールを2か所だけ貼っています。上記の青丸部分です。正面部分は読み取れないですが、所属部隊と氏名が刻印されているイメージです。リアル感がグッとましますね!ツヤの統一とデカール保護の為、最後につやけしのトップコートをしています。これにて完成!ガチャーネン

▲フードをとった状態を上から見ています。いい雰囲気がでてますよね。ガチャーネン最後は100均で購入したMの刻印の台座に乗せた状態をご覧ください。ガチャーネンだからGの方がよかったかなぁ・・・マシーネンのMと思ってください。ガチャーネン長かったですが、ご覧いただきありがとうございます。このガチャーネン面白いですよ。サイズが小さいので組み立ても塗装もサクサク進みます。またマシーネンクリーガー自体、好きに塗っていいようなので思いつくまま塗っていきました。塗料が重なるように筆も途中では洗わないとか、いままでの自分では考えられないくらい自由にやらせてもらいました。いや~楽しかったなぁ

さて次回はνガンダムに戻りますか!

お楽しみに(^_-)-☆ガチャーネン




-横山宏ワールド

Copyright© まじめにガンプラ!コツコツ制作日記 , 2024 All Rights Reserved.